3度目の再発 3度目の正直。

すごく久しぶりに記事を書くことにしました。
1回目と2回目は順調にいってたんですが、2回目の移植から、わずか1年半で再発してしまいました。
入院してからもう2ヶ月少しが経ち最初のほうはすごくいろいろありました、入院してすぐに胸からのカテーテルを入れようとしたのですが先生が処置ミスで肺に穴を開けてしまいましたすごく苦しかったのですが右脇横から穴を開けて管のようなものを通して体中に回った酸素を管で吸い取る処置を行いました。
後に肺のほうは穴が塞があり十分な位に膨らみだしました、それで首からカテーテルを入れることになって今は落ち着いています。
今回、3回目の治療で1回目と2回目の抗がん剤を使い順調にいくと自分自身が思い込んでいましたが、抗がん剤の効きが悪く少し長い治療になっています。
抗がん剤を入れて4日目に高熱が出て一旦、抗がん剤治療を中止することになりました、十分な抗がん剤が入っていないと思っていたのですが先生が「大事なお薬がもう入っているから大丈夫だよ」と言ってくれた。
熱は一旦下がったのですが40の近くの熱が1週間位続き肺炎を起こしてしまいました。数日後咳が出たところかなりの量の血を吐いてしまって、一時期は呼吸ができなくなる可能性があると先生に言われもしかすると人工呼吸器を付けなければならない状況までなりかけたのですが何とか持ちこたえ、その措置は難なく受けることもなく血痰が治まりました。
壮絶なクリスマスから正月でした。
その後、前回姉から骨髄をもらいハプロ移植をしました、その影響かかなりのGV HDが体中に真っ赤になって赤い斑点が体中を覆いかゆい思いをしました、そこで大量のステロイドを投与しかゆみを抑える治療を行いましたすぐにその成果が出て痒みは1週間位で引き始めました。
抗がん剤が効かなかった僕の体の中の悪い細胞がGVHDが出たためGVL効果という効果が出て僕の体の悪い細胞が末梢血にはいないと言う報告を受け現在寛解中と言うことになっています
そして一時退院の話も出たのですが、その2日前にカビの肺炎を患ってしまいました、そのカビの肺炎はすごく質が悪く治療は難航している状態ですいろんな抗生物質や真菌に効く点滴などをいくつもの多種類の薬を投与していたのですが全く効かずもう1ヵ月もいろんな点滴を入れている感じです。そもそもその肺炎は日本でも事例が1つしかないと言うことがわかりました、そして世界でも30から40の事例がないこともわかりました、とにかくすごく珍しいカビが僕の体を悪さをしています。
またこの治療を続けているうちに、肺の中にカビが大きな巣を作り左脇からまた穴を開けて、そのカビをめがけて管を入れ吸い取るような形でカビを外に出す治療をしています。
今現在まだ元気なのですが、呼吸が日に日にやりにくくなり少し運動をするだけで心拍数や脈拍が上がってしまいます
肺炎を起こすと大変なことになると言うことに気づきました結構肺炎を軽く見ていた僕は罰が当たったような気がします。
まだまだこれから長い治療になると思いますが出来る限りSNSを頼って状況を伝えていきたいと思っています。
時にグロテスクな写真を乗せている場合がありますのでその時は観覧をお控えしていただくようよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

いいですけど、体調が悪い時はすいませんv-12

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

中山"CHU"泰頼

Author:中山"CHU"泰頼
どうも僕です。
CHUです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター